アンチエイジングとは

アンチエイジングとは

 アンチエイジングとは、老化や加齢をくい止めていこうということで抗加齢療法すなわち若返り治療一般のことをいいます。年齢とともに減少するホルモンや抗酸化剤の補充を行うなどの予防や治療方法、医薬品、また毎日のケアやライフスタイルまでを考慮した「トータル・アンチエイジング」が定着しつつあります。

 「健康」こそが人間にとって幸せなのでしょう。その幸せの中で、美容外科を扱う形成外科医が目指すものは、T.広義の機能回復とU.社会生活の質=QOL(Quality of Life)の向上となるでしょう。 例えば、40歳を過ぎて体の変化を感じ、老いに対する恐怖心が突然芽生える。そして、違う自分になっていくのが怖いと感じる。その時に、例え表面上でも気になる加齢部分を治療することで、気を若くするのは可能です。気の若さというのはついてくるものなのです。

 「老後という概念」があるのは人間だけ。動物にも老後がないとは言い切れませんが、生殖機能を失った時点で生涯を終える野生動物は少なくありません。さらに近代の科学医学の発達により、人間の寿命は飛躍的に延びています。一世紀前の女性の平均寿命は44.85歳。男性が43.97歳で、人生50年と言われた時代。我々の人生は確実に長くなりました。しかし、半世紀前の50代の人と現代の50代とでは老化の様子や老後に対する考え方も当然異なります。今後、いかに末永く健康でそして楽しく人生を送っていくか。このサポートを可能にするのがアンチエイジングです。
 「若さ」の概念はさまざまですが、永久にとは言わないまでも内側からの継続的な肌の若さの導きは、サーマクールが可能にしました。
posted by パンちゃん at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーマクールの概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。