サーマークールのしくみ

サーマークールのしくみ

 サーマクールは、RF(radio frequency)による熱発生を利用した、メスを使わないオペ不要のリフトアップ装置です。従来のレーザー治療器と比較すると格段に長い波長を誇るため、皮膚深層部への到達が容易です。また、サーマクールは表皮を保護するWクーリングシステムを採用することにより、皮膚の表面を全く傷つけることなく真皮深部から皮下組織にかけてダイレクトに作用します。すなわち、しわ・たるみの改善とともに肌にハリを与えるために、コラーゲンの瞬間収縮・増殖させることによりと皮膚の引き締めを行うと同時に、新たなコラーゲンを継続的に生成させます。
 サーマクールなら年代及び個人差などのさまざまな表皮や真皮の厚さも、照射エネルギーや皮膚内部における照射ポイントの調整を行い、年齢や肌質に応じたコントロールが可能です。オペに劣らない、皮膚のたるみ、しわ、毛穴、ニキビ、ニキビ跡を改善するノンアブレイティブ・アンチエイジングの結果が得られます。ぽっちゃりした方の場合は小顔治療としても有効です。

<<< YAHOO! NEWS >>>

アサヒフードアンドヘルスケア(本社 東京、社長 旭興一)は、3つの白い果実の味わいが楽しめるシュガーレスキャンディ『ホワイトニング香実(かじつ)』を2007年4月2日(月)から全国で新発売いたします。

 例年健康への関心が高まっているなか、キャンディ市場も単なる嗜好品だけではなく、プラスαの機能性や健康感を持った商品が注目を集め、活性化しています。春から夏へと紫外線の気になる季節に向けて、3つの白い果実に機能成分を加えたホワイトニングイメージの高い商品を発売し、キャンディ市場への新規参入を狙います。
↓↓↓ 続きはこちらへ ↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000054-kyt-l26

しわやたるみの改善という点に関して言えば、もっとも効果的なのは外科手術(フェイスリフト)を行なうことでしょう。
これは皮膚にメスをいれ、表情筋や脂肪膜などを直接引っ張り、その際にたるんだ部分の皮膚を切除する、という治療なので、たるみ改善の点では確実な効果が期待できます。
しかし大きな効果が期待できる分、リスクも大きくなってきます。
皮膚を切開しますので傷あとが残りますし、抜糸なども含めると日常生活に戻るために数週間を必要とします。
医師の腕によっては、顔面の神経に損傷を来たすこともあり得るようです。

「メスを使う外科手術はちょっとこわい」「まだ、しわやたるみが少し気になり始めただけなので、手術まではしなくても…」という人にはコラーゲン注入やピーリング、サーマクールなどがあります。
コラーゲン注入などは、気になる部分を直接的に変化させ、治療に即効性があります。
しかしその効果は永久的に持続するものではないため、応急処置的な治療法になります。
サーマクールは自分自身のコラーゲンを少しずつ増やしていくことで、内面から改善していくため効果はゆっくりですが持続性はあります。

一時的にでも見た目に確実な効果を希望するのか、老化の予防のつもりでゆっくり改善していくことを望むのか、また安全性や費用なども考慮し、自分の求めるものを明確にすることで治療法も決まってくることでしょう。

【PR】ハード     良品 旅行 ダイエット ビジネス


posted by パンちゃん at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーマクールの概要
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37446924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。